34歳育休女の裏側矯正で出っ歯克服!

育児休暇中の新米ママが34歳にして出っ歯を克服するべく裏側矯正を始めました。治療経過や美容、子育てなどについて記録していくブログです。

【矯正日記12】親知らず抜歯と調整日(上5回目&下7回目)

 

こんにちは。hawatakaiです。

前回ミニスクリューを埋め込んでから約1ヶ月が経過し、今回は左側の親知らずを上下2本抜歯しました。

 

ミニスクリューの経過

前回埋め込んだネジの状態を診てもらうと、右上が若干ぐらぐら動いているとのこと。

1週間ぐらい前からやたら右上のねじが舌にあたって痛いなと思っていたんですが、まさか抜けかけてきてるのか!?

もし抜け落ちちゃったら2~3か月後に再度打ち直しになるので、なんとか無事でいてほしい。

 

あと舌にあたって痛いからカバーとかできないか聞いてみると、

カバーは汚れがたまりやすいからあまりお勧めしないとのことで、

今回の調整でゴムかけて若干マシになったので、カバーはしないことに。

 

前歯下げるのはまだ先

で、前回ミニスクリューを埋めたから、てっきり今回から前歯を下げていくと思い込んで楽しみにしてたんですが、

ミニスクリューはかなり余裕をもって打っていて、前歯を下げるのはまだ先だそうです。

まず下の歯を下げないと上の前歯は下げられないということで、全然まだだった。残念。

うまくいけば次回から下の前歯を下げ始めるそうなので楽しみにしておこう。

 

ワイヤーの調整

上顎はワイヤーの交換はされず、上顎にアーチ状に架けられた金具とミニスクリューにパワーチェーンがかけられました。

これは奥歯が前に動いてこないように固定しているらしいのですが、右上のスクリューが若干痛かったのでパワーチェーンの強度を弱めてもらいました。

これってやっぱり抜けかけてるからなのかな?

確かに右上のスクリューを指で触ると若干動くのがわかる。

裏側の写真を載せたいけど、どうもうまく撮れないのでもう断念します。

 

次に下顎は、ワイヤーが真っ白の太いワイヤーに交換されました。

今回親知らずを抜くのでレントゲンを撮ったのですが、それを見て、左下2番の根っこが傾いているので少し真っ直ぐになるように調整していくと言っていました。

先生曰く、矯正って本来歯の根っこを綺麗に並べる事で、結果的に歯並びが良くなるんだそうです。なんだかマニアックですね。

 

f:id:hawatakai:20190128231440j:image

 

親知らず2本を抜歯

いよいよ親知らずを抜きます!

今回は左の上下2本を抜いてもらいました。

親知らずの抜歯は口腔外科の先生がやってくれたので、ものの20分で2本とも抜けました。

左下の親知らずの根っこが曲がっていて引っ張っても抜けないということで、歯を2分割して抜かれ、歯茎を切ったので縫われました。

噂には聞いていたが、ほんと工事って感じ。4番抜歯したときとは全然違った。

麻酔が効いてるから何されてるか全然わからなかったけど、もの凄い押されたり引っ張られたりしてすごいダメージ。

終わった後は意気消沈って感じ。怖かった。

化膿止め(フロモックス)と痛み止め(ロキソニン)を処方され、一応授乳中でも心配ないということだったので飲みました。4番抜歯の時は薬飲まなくても耐えられたけど、歯茎を切ってるからかなり痛い。

血の塊がどんどん大きくなって気持ち悪かった。

次の日の朝起きたら顔がめちゃめちゃ腫れてて笑えました。

3日くらいは顔の形がおかしくて、その後徐々に腫れはおさまっていきました。

1週間後抜糸してもらい、問題なし。

 

次回1ヶ月後の調整のときに、反対側の親知らずも2本抜いちゃいます。

 

つづく

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村