34歳育休女の裏側矯正で出っ歯克服!

育児休暇中の新米ママが34歳にして出っ歯を克服するべく裏側矯正を始めました。治療経過や子育てなどについて記録していくブログです。

【矯正日記2】下顎ブラケットとワイヤー装着

こんにちは。hawatakaiです。

奥歯の歯間に青ゴムを付けてから3週間が経過。

特に痛みや不具合もなく快適に過ごせました。

矯正装置を装着すると食べられなくなるであろうおかきが家にたくさんあったので、この間にほとんど食べ尽くしました。

 

2018年6月

今回はついに下の歯に白いブラケットと白いワイヤーが装着されました。

前回つけた青ゴムを取って、青ゴムが入らなかった部分はヤスリで少し歯を削って隙間を作り、奥歯6番に金属バンドを装着。

 

次に歯の表面を磨いて、乾かして、接着剤で1〜3番と5番にブラケットをつけていきます。

ボンドみたいな匂いがして、UVライトみたいなので固めて、あっという間に取り付けられました。

 

ここで1回うがいをすると、ブラケットのゴツゴツがものすごい違和感、と共に、

 

まずっ。

ボンドみたいな味がする。

 

その後ワイヤーがはめられ、あっという間に装置完了。

まずは装置に慣れるため、7番はおいおい装着するとのこと。

 

次回は下の左右4番を抜くということで、抜きやすくするために4番の奥に青ゴムを入れられました。4番の手前はまたもや青ゴムが入らず。

 

初めて写真載せます。

 

f:id:hawatakai:20180904112735j:image

あまりちゃんと写真撮ってなかったので、見づらくてすみません。

 

白いワイヤーとブラケットって意外に目立つなあ。

あと今まで下の歯並びはあんまり気にしてなかったけど、こうやってワイヤーつけると、かなりガタガタなのがわかる。

 

そしてこれ貰いました。

f:id:hawatakai:20180903173922j:image

細かいところを磨く用のワンタフトブラシと、歯科用ワックス。

ワックスはワイヤーや装置が当たって痛い時に、ちぎって丸めてくっつけるらしいが、なんか気持ち悪そうで今までまだ使ったことない。

 

歯科助手(衛生士?)の人から説明があり、

硬いおかきなどは食べないでくださいとのこと。

やはり、家のおかき食べ尽くしといてよかった。

あと、カレーとか食べると白いワイヤーに着色しちゃうらしく、食べるなら診察の前日とかにしてね、だそうです。

 

今回も4〜5時間経つと痛くなってくるとのことでしたが、

なるほど。どんどん痛くなってきた。

青ゴムの時とは全然違う。これが矯正の痛みか。

しかも、片方のワイヤーの先端の曲げが甘くて、早速ほっぺに刺さる気がする。

先生ちゃんと曲げといてよねー。

 

それでもこの日は旦那が休みだったのでなんと外食。

イタリアンでパスタとピザと柔らかい肉をゆーっくり食べました。

食べ物を噛むとめちゃ痛いけど、何もしてない親不知辺りで噛めばなんとか食べられる。

意外に役立つ親不知くん。

そして装置の周りに食べ物が詰まる詰まる。パスタ絡まる絡まる。

ほっぺにどんどん食べ物が溜まって、なんだかリスになった気分でした。

 

歯磨きは普通の歯ブラシとワンタフトブラシの二刀流。

ちょっと面倒だけど、まだ下だけだし、慣れれば全然大丈夫。

痛みもたしか2〜3日で無くなりました。

 

これから歯が動いていくのが楽しみ。

次回は2週間後、いよいよ恐怖の抜歯です。

 

つづく

 

↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村